2019年01月14日

蒼天の拳はペナったら天井クリアされるんかい!

 今日ハマっていた台を打ってみたら、やたら15枚役が揃うなあー、メッチャコイン持ちいいやんけ!

 と思って打っていたら、急に通常時の演出がざわつきだしまして。

 そこで気づきました。メニューでゲーム数をチェックしてみたら、なんと天井ゲーム数がクリアされてるじゃないですか!


 つまりペナルティの現状維持の状態を打たされていて(そのときは演出が全くなし)、払い出しが終わったら通常時がスタートするわけですね。

 ということで現在僕は、ペナルティ状態を消化しているゲーム数の方が多い状態です。ぷーん。


 この台、どうなんです?世の中にはいろんな人がいますし、これから規制を抜けるために打ち方を強制させてどうにかするというのはいい工夫ではあると思うんですけど、天井クリアは「受け攻めいくつか考えとったが、そりゃ悪手じゃろ蟻んこ」ではないでしょうか。

 ホールで負けてる人の中の一部には、「自分と同じ不幸な目に他人がなっても構わない」という考えの持ち主もいるでしょうから、しかも天井がキャンセルされるということで「自分が打っていた台をハイエナされることを防止」にもなっちゃうわけですよ。

 と、いうわけで、蒼天の拳に設定入れても、ちゃんとしてる人しか得しないし、変な人は変なことしてホールも客も得しない打ち方してすぐにヤメていくでしょうし、出玉の分配的な意味でも偏ってしまってよくないなあと思います。


 もうちょっとホールに参上する変な人のことを考えて台を作ってくださいね。スマホがあって情報が浸透しやすいのにスロットで勝ち続けれてる人がいるということは、反面、いつまでたっても木偶の人たちがいるということにも多少通じているのでしょうから。
posted by kjkou at 06:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。