2019年01月13日

ディスクアップで稀有な体験

 そんなに打ち込んではいないんですけど、三重オールナイト実践でずいぶん楽しませてもらったディスクアップ。

 あ、楽しませてもらったというのは出玉的な意味ではなく、スロットを回すという意味でもなく、人間の意識を失いかけたときの(ステーキ食べて割と元気になっていたんですけどね)ビタ押し力がどうなるのかという実験ができたという意味ですね。ようやっとオールナイトで先の先まで見れました。


 さてさて稀有な体験です。
IMG_6461.jpg

 ディスクアップでART消化ゲーム数が獲得枚数を上回ってます。ART消化ゲーム数634ゲーム、獲得枚数601枚。

 はい、ダンスタイム600ゲームツモってしまいました。そして駆け抜け。。



 ディスクアップの打ち方は順押し赤7ダブル狙いでやってます。

 左と中に赤7を狙って右リールはテキトー押しが基本で、赤7がテンパったときだけチェリー付き赤7を狙って1枚役を狙いにいく感じですかね。出玉重視するなら赤7テンパったラインにバーをビタ押しするんですけど。もし異色ビッグが何回もくるような台なら生入り狙っていくことになるんでしょうね(遠い目)。


 演出がどうとか、全然知らないんですけど、スベりコマ数に応じてドドドン!と鳴ったりすることをついさっき知ったくらいで、それでも「だから何?」ってくらいのニワカなんですけど、上記の押し方してたらほとんどロスなく打てると思います。


 ビッグ中のビタ押しは青7が下段に来たなと思ったらそのさらに半コマくらい落ちたなというタイミングで押すようにしてます。成功率は80~85%くらい。ボーナス全く引けずに撤退してビタ押し率100%で終えることはございますがね。

 高設定だと乗せナシがあったりしますが、あれはゲーム数乗せないベルがきたときに「レディ!」という演出が出るという認識です。なのでそんなのいらないからゲーム数くれよ!というのは違うのではないかなーと思ってます。左リールの出目の感じでそのように感じました。乗るベルのときは左リールの上段か下段にボーナス図柄が止まるんですけど、乗せナシのときは中段にボーナス図柄が来ていたので。


 以上、ディスクアップの雑記でした。
posted by kjkou at 03:08| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。