2017年05月15日

アドラーの心理学から

 「人間の感情は、どんな場合であっても、優越したいという目的につながっている。感情と目的が相反することは絶対にない。」

 アドラーの本を読んでると、優越感、劣等感の話が根幹に座っている印象を受けます。その感情が大きくなると、優越コンプレックス、劣等コンプレックスという病気(この言葉は前回同様の意味で)になってしまう。

 そして一つの補足を入れます。優越感は劣等感から生まれるということで、正反対ではなくとても近い存在なのです。
 例えば、「出身地が田舎だからバカにされるのがイヤだと思う人は、より田舎に住んでる人から優越感を得たいがためにバカにする」とか。

 劣等意識を抱いたままなのか、優越という虚栄心に持っていくかは、その人の指運次第という感じでしょうかね。根は劣等感から、という点にはご注目ください。運って表現はちょっとズレてるかもしれませんが、私の語彙ではこんなもん。ひょっとしたらいい線ついてるかも?


 はてさて、ここはパチスロブログです。視点をホール内に向けていきましょう。

 ホールでの優越感とは具体的に何があるでしょう?
 ・ドヤタバコ、ドヤジュース、ドヤ木の葉積み
 ・ドヤ放置、ドヤ休憩
 ・ドヤ期待値台確保、ドヤツモ、ドヤ別積み

 まあ他にも色々あると思うんですけど、これらを見て、特別ナイーブになってしまうのは自分の劣等感が強いから。そして優越感を強調している当人も劣等感があるから注目を浴びたがる。

 っていうお話。


 こういうことを言葉に落として理解していると世界が変わって見えてくる、気がします。少なくとも自分は、「あーあ、劣等意識が強いんだな、気をつけよ。」と気持ちを抑え気味にするように命令を出せるようになりました。

 逆手に取って、自分の劣等意識は抑えたまま、相手の精神に打撃を与えてやろうとするなんてことにも発展できそうですけどね。そこは敢えての木の葉積み!みたいな。そしたらいつの間にか劣等コンプレックスに囚われてしまうのかな。
【関連する記事】
posted by kjkou at 00:06| Comment(0) | スロッターの精神分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: