2016年03月26日

パチスロのコンテンツになるといふコト

 パチスロ化!

 となるのもずいぶんと当たり前のこととなってきました。

 原作がパチスロ化されるというのは一体どんなことが起きるのでしょう。少し考えてみましょう。

 まず、我々に置いては、お金を賭けて遊戯に勤しんでおりますゆえ、見方が少し歪んでおります。

 例えば、好きなキャラクター、嫌いなキャラクターというのは「登場したらアツいかどうか」でおおよそ決まってしまいます。登場して当たりに絡まないヤツが好きという方はスロッターにおいてはあまり見かけません。ノブオ、ノリオ、榎木、デビルリバース、シン、コウタ、が出てきて嬉しいとは聞いたことがございません。

 そして、この見方こそがパチンコ店の中では真っ当な意見なのです。原作からパチスロに入った方の意見なんぞは少数派になってしまいます、これはまことに残念ながら、ですね。

 この歪んだ見方を全面的に押し付けられてもなお、「原作が広く知られるためならば仕方ない」と思えるのならば原作者はコンテンツとして提示すれば良いと思います。

 中には、この歪んだ見方に抵抗してメディアへの露出を禁じるまで干渉する勢力もございました。どこかのゲームメーカーであったと記憶してますが。しかし、それは大きく間違っています。「パチンコ店の中では」真っ当な意見なのであるからです。身銭を切ってる我々の意見だからです。コンテンツは歪んだ見方で汚されるものなのです。その認識は古くからずっと続いているものですから、我々からすればその勢力は、質の悪いクレーマーにしか映りません。ソンナニモンクイッテオコボレモライタイノ?

 中には、パチスロから原作を知り、原作愛に目覚め、キャラクターの大事な思いなどに気づけて、相乗の効果を持った愉しみが得られることもあります。これは開発したメーカーが素晴らしい仕事をした、ということでしょう。


 「鳥山明がドラゴンボールを絶対にパチンコのコンテンツにしない」と断じていることは有名な話だと思いますが、それは素晴らしい選択をされたと思います。
 薄汚れた金なんかいらない、と思ったのか、大事な原作ファンを借金まみれにさせたくなかったのか、原作を歪んだ見方で見られたくないと思ったのか。真偽はわかりませんが、とにかく「絶対にコンテンツ化しない」という反対意見は存在すべきなのです。

 今現在は仕事を作るのに躍起になり過ぎていて、手段を選んでられないのでは?と思うくらい発達が激しいのですが、今一度、ゆっくりと見つめなおしていただきたいですね。ただ原作が好きという方のためにもね。その純粋な気持ちを、「大金をイライラしながら投じる行為に走らせるコト」へ変貌させるという現象を全国レベルで射出すると考えると恐ろしいことですよね。


 様々なコンテンツでもってパチスロ化し、手を尽くして新規ユーザー獲得を図ったのでしょうが。そろそろいっぱいいっぱいのようです。メーカーもホールも諦めてください。その膨大なお金を賄うだけの資金はもう我々は持ち合わせていませんゆえ。


 ではどうすればいいのか?の提案は以前記事にしましたこちらから。安く開発したまえ。この手法が実現するとしたら1回氷河期を乗り越えてからだと思うけど。氷河期くるから皆さんも耐えしのぐ準備をしておきましょうね。ブログ更新頻度や注目浴びそうなネタを提供することが増えてるのはそのためだったりする。

 買い物用。

パナソニック ヘアードライヤー(ビビッドピンク)Panasonic ナノケア EH-NA97 の限定モデル EH-CNA97-VP

新品価格
¥17,480から
(2016/3/28 02:20時点)


posted by kjkou at 02:37| Comment(0) | 店の在り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: